ル・パルフェ社の密封ビンは
ジャム、ピクルスなどの食材の
長期保存に最適です。


サイズは
0.5L、0.75L、1L、1.5L、2L、3Lと6サイズあり用途に応じてお選びいただけます。
≫ 食材を長く保存させるために
 (真空保存の手順)
ル・パルフェ TVポッドキャスト
(※ユーザーのレシピを配信しています。
また、こちらのサイトは英語でのご紹介となり、動画の言語はフランス語となります。)

どうして保存瓶で保存するの?

1

食材の美味しい時期を長く楽しむために

【ル・パルフェ】のおかげで、季節の食材を保存することができます。一番美味しくて安い旬の時期に食材を保存すれば、無添加の自然な味や香りを保つことができ、いつでも旬の食材を楽しむことができます。

2

味や香りをキープするために

食材を変質させる可能性のある冷凍保存より、ル・パルフェの保存瓶で保存した料理は、味、食感や香りをそのままキープして保存ができます。

3

健康なものを食べるために

保存食を自分で作れば、レシピや食材を把握でき、防腐剤、食品添加物、塩分過多、砂糖を摂りすぎない、自分だけの健康的オリジナル保存食を作れます。そして、煮沸消毒、脱気保存することで、より無添加の保存食の完成です。

4

食品ロスを削減するために

果物や野菜が食べきれず、痛む前でも食材は捨てずに、保存瓶の利用を。保存瓶のおかげで、自然のものを長持ちさせることができ、無駄なく食品ロスを防げます。

5

手軽で便利

料理したくない時や突然の来客に、保存瓶の保存食で料理のひと手間が省け、楽に料理が出来たり、お天気のいい日はピクニックに可愛いかごル・パルフェのボーカルジャーとテリーヌジャーを入れて保存食で美味しい料理が楽しめます。

6

「自分が作った!」といえるように

保存食を作るというのは創造性を活かして、自分の気持ちを伝えることです。料理を通して自分の好みと個性を表現します。そして、愛を込めた保存料理を愛する人たちは喜んでくれるでしょう。

7

保存容器の中でガラスが最も良い素材です

ガラスは自然素材で丈夫で、保存容器の中で一番健康で食材の味を変質させません。そして、繰り返し使えサスティナブル。